海外には猫年がある!なぜ?

前回の記事では、日本に猫年がない理由についてご紹介しました。しかし驚くことに、海外では猫が干支に入っている国もあるのです。
ベトナムなどでは、ウサギの代わりに、ブルガリアなどでは虎の代わりに猫が入っています。つまり、2023年はベトナムでは猫年だったということですね。そのようなタイミングということもあるので、今回はベトナムに猫年がある理由についてご紹介します。

なぜ猫年があるの?

では、なぜこの違いが生じたのでしょうか。この理由には、代表的な二つの説があります。
1つ目の説は、文化と地理の違いによるものです。ベトナムでは、ウサギはあまり一般的ではなく、代わりに猫が一般的な家庭のペットでした。特に農業が盛んな地域では、米を食べる鼠を追い払ってくれる猫が重宝されていました。また、猫は「小さな虎」とも呼ばれ、太古の昔から人々の生活に寄り添ってきました。そのため、ベトナムの干支ではウサギの代わりに猫が使われるようになった、という説です。

2つ目の説は言葉の発音に関連しています。中国語で「卯」を表す言葉は「mão(マオ)」と発音します。これがベトナム語で猫を意味する「mèo(メオ)」に非常に近いため、中国から干支が伝わった際に「猫年」になった、という説です。

このように、干支の動物は地域や文化によって異なることがあります。それぞれの動物が持つ象徴的な意味や、その地域での一般的な存在感が、どの動物が干支に選ばれるかを決定しています。そして、それぞれの干支がその地域の文化や歴史を色濃く反映しているのです。これは、私たちが異なる文化を理解し、尊重する上で非常に興味深い事例と言えるでしょう。

さいごに

二回にわけて、猫と干支に関連するコラムを書きましたが、いかがでしたでしょうか。 では、最後に、なぞかけでしめさせていただきます。
ベトナムとかけまして、猫の仮装とときます。その心はどちらも、”キャットイヤー(猫年、猫耳)”があるでしょう。